この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

twitterでできるだけ毎日(笑)配信中の「Twitterで選択対策」のバックナンバー版として、「ブログで選択対策」をシリーズ化することになりました。

是非Twitterのフォローお願いいたします!

問題数が増えてきたら、正解率階層別にカテゴリー分けしたいと思っています。

では早速ですが、今回はコチラの問題です。

法の基礎知識(正解率85%)

【①】は国会が定めるもの。
【②】は内閣が定めるもの。
【③】は各大臣が定めるもの。

・①政令 ②法律 ③省令
・①法律 ②省令 ③政令
・①法律 ②政令 ③省令
・①政令 ②省令 ③法律

 

”正解はここをクリック”
正解は「①法律 ②政令 ③省令」。
【法律】は国会、【政令】は内閣、【省令】は各大臣が定めるものです。
法律で決めたことより細かいことは政令で決めて、政令で決めたことより細かいことは省令で決める、という順番です。
ちなみに、労働基準法の時間外労働の割増率は、法律で「25%〜50%の内で政令で定める率」としています。
つまり国会を通さず、閣議決定により最大50%まで引上げ可能ということです。

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座 

金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「上級コース」を担当致しております。

↓ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

この記事をシェアする!