この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

twitterでできるだけ毎日(笑)配信中の「Twitterで選択対策」のバックナンバー版として、「ブログで選択対策」をシリーズ化することになりました。

是非Twitterのフォローお願いいたします!

問題数が増えてきたら、正解率階層別にカテゴリー分けしたいと思っています。

では早速ですが、今回はコチラの問題です。

厚生労働白書(正解率58%)

我が国において【?】という言葉は、1946(昭和21)年11月に公布された日本国憲法第25条に用いられたことを契機に一般化したといわれている。
日本国憲法第25条「第2項 国は、すべての生活部面について、社会福祉、【?】及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」

・医療保険
・公的扶助
・社会保険
・社会保障

 

 

 

 

”ヒント”
初見の選択式で迷ったら、多数が選びそうな肢を選ぶ「順張り」を推奨します。
仮に不正解でも全体正解率も低いので痛手は最小限です。
一方「コレが正解だな、、、いや待て待て、そんなに簡単なわけがない。正解は他にあるはず!」という「根拠なき逆張り」は、自分だけ失点のパターンになる恐れがありNGです。
 

 

”正解はここをクリック”
正解は「社会保障」。
日本国憲法第25条「第2項 国は、すべての生活部面について、社会福祉、【社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」
なお、厚労省が出している分類は、【社会保障】に「社会保険(医療保険など)」「公的扶助(生活保護など)」「社会福祉(障害者福祉など)」「公衆衛生(食品衛生など)」がぶら下がる形になっています。

 

  

 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座 

金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「上級コース」を担当致しております。

↓ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

この記事をシェアする!