この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

twitterでできるだけ毎日(笑)配信中の「Twitterで選択対策」のバックナンバー版として、「ブログで選択対策」をシリーズ化することになりました。

是非Twitterのフォローお願いいたします!

問題数が増えてきたら、正解率階層別にカテゴリー分けしたいと思っています。

では早速ですが、今回はコチラの問題です。

平成29年「民間主要企業年末一時金妥結状況」(正解率36%)

平成29年「民間主要企業年末一時金妥結状況」によると、平均妥結額は約【?】万円で、昨年に引き続き平成20年以来9年ぶりの高水準となった。対前年比は5年連続のプラス。
集計対象は、妥結額などを把握できた、資本金10億円以上かつ従業員1,000人以上の労働組合のある企業359社。

・52
・71
・83
・99

 

 

 

 

”正解はここをクリック”
正解は「83」万円。
全企業に占める資本金10億円以上の企業の割合は、0.3%です。
また、試験対策でお馴染みの中小企業の基準は300人以下です。
10億円かつ1,000人以上の企業=大企業のデータと考えて、高めの金額と推測しましょう。

なお、「一時金」というのは「賞与」とほぼ同義です。
しかし「賞与」という用語を用いると、「業績がよければ払う、悪ければ払わない」というイメージになるため、労働組合側は月給の後払い的なものとして「一時金」と呼称します。

  

 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座 

金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「上級コース」を担当致しております。

↓ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

この記事をシェアする!