この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

twitterでできるだけ毎日(笑)配信中の「Twitterで選択対策」のバックナンバー版として、「ブログで選択対策」をシリーズ化することになりました。

是非Twitterのフォローお願いいたします!

問題数が増えてきたら、正解率階層別にカテゴリー分けしたいと思っています。

では早速ですが、今回はコチラの問題です。

使用者等の定義(正解率44%)

次の定義のうち「法人の代表者」が含まれるのは?

・労働基準法の使用者
・労働安全衛生法の事業者
・労働契約法の使用者
・健康保険法の事業主

 

 

”正解はここをクリック”
正解は「労働基準法の使用者」。

全科目横断整理をすると、
・原則→責任主体は「法人そのもの」
・例外(労働基準法)→代表者や現場での業務命令権を有するものをすべて含む

 

これも原則・例外の関係があべこべになりやすい項目。
最初に労働基準法の使用者の範囲を押さえることが多いため、労働基準法を原則と捉えがち。
結果、その後に続く安衛法、労働契約法などで、いちいち「労働基準法と違う理由」を確認しなければいけなくなる。

ほか、あべこべになりやすいのがコチラ

社労士試験の勉強を進めていると、「例外」ばかりの勉強になり、無意識的に「例外」が「原則」に置き換わってしまうことがあります。
この状態が「基本論点を取りこぼす」温床になります。
「例外」の勉強をするときは「原則」の存在を意識して学習を進めましょう。

 

 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「上級コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

この記事をシェアする!