この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

twitterでできるだけ毎日(笑)配信中の「Twitterで選択対策」のバックナンバー版として、「ブログで選択対策」をシリーズ化することになりました。

是非Twitterのフォローお願いいたします!

問題数が増えてきたら、正解率階層別にカテゴリー分けしたいと思っています。

では早速ですが、今回はコチラの問題です。

保険事故(正解率58%)

健康保険の被扶養者がシルバー人材センターからの請負の業務での事故により負傷した場合、どの制度から保険給付が行われる?

・労災保険から行われる
・健康保険から行われる
・国民健康保険から行われる
・どの制度からも行われない

 

 

 

 

”ヒント”
健康保険の目的条文。
「労働者又はその被扶養者の業務災害(労働者災害補償保険法に規定する業務災害をいう。)以外の疾病、負傷若しくは死亡又は出産に関して保険給付を行い、もって国民の生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的とする。」
 

 

”正解はここをクリック”
正解は「健康保険から行われる」。
・健康保険の保険事故は「業務災害」以外の事故。
・「業務災害」とは、「労働者としての業務上」の事故。
・ゆえに請負業務中の事故は、「業務災害」にあたらない
→結果、請負業務中の事故は健康保険の保険給付の対象になる。

 

なお、現行規定になったのは平成25年の改正からです。
改正前の規定では、健保は「業務外」の事故を対象にしていました。
結果、被扶養者などの請負業務中の事故については、労災及び健保の対象にならず、また健保の加入者であるがゆえ、国保からも除外されているという、無保険状態になっていました。


これを解消するための改正が平成25年に行われ、保険事故の範囲が見直されたのです。

 

  

 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「上級コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

この記事をシェアする!