この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

twitterでできるだけ毎日(笑)配信中の「Twitterで選択対策」のバックナンバー版として、「ブログで選択対策」をシリーズ化することになりました。

是非Twitterのフォローお願いいたします!

問題数が増えてきたら、正解率階層別にカテゴリー分けしたいと思っています。

では早速ですが、今回はコチラの問題です。

過労死等の労災補償状況(正解率18%)

平成28年度「過労死等の労災補償状況」によると、過去6年間で裁量労働制対象者に係る脳・心臓疾患の支給決定件数は22件で、うち専門業務型裁量労働制対象者に係る支給決定が【?】であった。

・21件
・14件
・7件
・1件

 

 

”正解はここをクリック”
正解は「21件」。
裁量労働には専門業務型と企画業務型がありますが、制度の歴史が長い専門業務型の方が普及率が高いというのがヒントになります。

4択や5択のうち「選択肢の真ん中辺(②③やCD)が正解っぽい」バイアスが働きがちですので気を付けましょう。

※画像は開発中の「社労士24+直前対策」の直前対策部分からのものです。
 

 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「上級コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

この記事をシェアする!