この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

twitterでできるだけ毎日(笑)配信中の「Twitterで選択対策」のバックナンバー版として、「ブログで選択対策」をシリーズ化することになりました。

是非Twitterのフォローお願いいたします!

問題数が増えてきたら、正解率階層別にカテゴリー分けしたいと思っています。

では早速ですが、今回はコチラの問題です。

提訴可能なタイミング(正解率51%)

処分の取消しの訴えは「審査会の裁決を経た後でなければ」提起することができない。 何の処分?

・(雇用)確認  
・(健保)保険料 
・(国年)脱退一時金
・(厚年)標準報酬 

 

 

”正解はここをクリック”
正解は「(国年)脱退一時金」。
 提訴が可能になるタイミングは極限までまとめるとたった「2種類」。
①原則→最初の審査請求の結果が出た後
②例外(徴収・健保・国年・厚年の徴収金)→最初から
脱退一時金は、審査会への審査請求の結果がでた後に提訴可能になるため、原則どおり①。
 

 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「上級コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

(国年)脱退一時金

この記事をシェアする!