この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

Twitterで選択対策」のバックナンバー版ブログで選択対策」。

今回のお題はこちらです。

人件費÷付加価値=?(正解率29%)

令和元年版労働経済白書。

【?】は、分母である付加価値、特に営業利益が景気感応的であるのに対して、分子である人件費が変動しにくいことから、景気拡大局面においては低下し、景気後退局面において上昇するといった特徴のある指標となっている。

・A 売上高人件費比率
・B 労働分配率
・C 労働生産性

・D 労務費率


 

 

 

”正解はここをクリック”

正解は「B 労働分配率」。

・労働分配率は生産活動によって得られた付加価値のうち、労働者がどれだけ受け取ったのかを示す指標
・労働分配率→人件費/付加価値
※人件費=役員給与+役員賞与+従業員給与+従業員賞与+福利厚生費。
※付加価値額=営業利益+人件費+減価償却額。
・景気拡大局面においては低下し、景気後退局面において上昇する
・規模が小さい企業ほど労働分配率は高い。
・大企業の労働分配率は、2014年以降下げ止まりの兆しがみられる。

 

 

その他の指標。

・A 売上高人件費比率→人件費/売上高
・B 労働分配率→人件費/付加価値
・C 労働生産性→付加価値/労働者数
・D 労務費率→賃金総額/請負金額

労働分配率は平成9年労一で出題実績あり。
労働生産性の定義とあわせてチェック。

 

 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

過去の選択式問題の正解率別・項目別カテゴリーはこちら。

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「経験者合格コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

この記事をシェアする!