この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

Twitterで選択対策」のバックナンバー版ブログで選択対策」。

今回のお題はこちらです。

福島県教組事件(正解率62%)

福島県教組事件。
「適正な賃金の額を支払うための手段たる相殺は、その行使の時期、方法、金額等からみて労働者の【?】との関係上不当と認められないものであれば、禁止するところではないと解するのが相当である」

・A 過失相殺
・B 経済生活の安定
・C 自由な意思
・D 同意に基づく相殺

 

 

 

 

”正解はここをクリック”

正解は「B 経済生活の安定」。

賃金と他の債権の相殺は原則禁止だが、認められる場合もある。

賃金と相殺まとめ。

・損害賠償権と賃金債権の相殺→全額払違反(関西精機事件(昭和31年11月02日))
・労働者が自由な意思に基づき相殺に同意→合理的な理由が客観的に存在する場合は有効(日新製鋼事件(平成2年11月26日))
・過払賃金の清算のための調整的相殺→経済生活の安定を脅かすおそれのない場合(接着×予告×少額など)は有効(福島県教組事件(昭和50年3月6日))

 

平成21年試験で出題実績あり。

ただの最高裁判例まとめ

 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

過去の選択式問題の正解率別・項目別カテゴリーはこちら。

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「経験者合格コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

この記事をシェアする!