この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

twitterでできるだけ毎日(笑)配信中の「Twitterで選択対策」のバックナンバー版ブログで選択対策」をシリーズ化。

今回はコチラの問題です。

端数処理(正解率83%)

「1,000円未満の端数を切り捨てた額」。
何?

・A給付基礎日額 (労災)
・B支給停止調整開始額(厚年)
・C標準賞与額(健保)
・D老齢基礎年金の満額(国年)

 

 

”正解はここをクリック”

正解は「C標準賞与額(健保)」。

健保の標準賞与額に係る保険料は「標準賞与額×1000分の30~130」で計算する。

1000分率を乗じるので1000円で処理。

あと、標準報酬月額の最低が58,000円なので→0×3つで揃えているでもOK。

この時期、「全部にこだわらない」のがポイント。
全部憶えるのは効率が悪い、全部捨てるのもったいない。
「押さえやすいのだけ押さえる」スタンスが大事。
端数処理でいえば「知識の二次利用で押さえてメモリー温存」作戦が吉。
例えば、在老10,000円は開始額「28万円」の知識から引き出せる。

そして「金額」だけ優先して憶える。
「切り上げ」「四捨五入」「切り捨て」間の置換ひっかけは実は殆どないので。
ただし、「切り上げ」処理で、かつ、試験で複数回問われている論点が一つだけある。

それは「労災の給付基礎日額」。

年金の端数処理。1円か100円か

  

 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「経験者合格コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

この記事をシェアする!