この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

今回はコチラの問題です。

新規学卒就職者の離職状況(正解率81%)

【新規学卒就職者の離職状況(平成27年3月卒業者)】新規学卒就職者の3年以内の離職率は新規高卒就職者39.3%、新規大卒就職者31.8%。産業別就職後3年以内離職率のうち離職率の高い産業をみると、高卒、大卒のいずれでも、【?】が最も高くなっている

・宿泊業・飲食サービス業
・生活関連サービス業・娯楽業
・教育・学習支援業
・医療、福祉

 

”正解はここをクリック”
正解は「宿泊業・飲食サービス業」。
その理由は、転職が多い業界であることや、労働時間が不規則であること、観光客の急増で忙しさが増していることなどが背景といわれている。


なお、以前は、中学・高校・大学別の3年以内離職率は「7・5・3」(七五三現象)と言われていましたが、現在は大高中の順で「3・4・6」(三四郎現象)となっている。

 

厚生労働省公式

 

 

 

この記事をシェアする!