この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

twitterでできるだけ毎日(笑)配信中の「Twitterで選択対策」のバックナンバー版ブログで選択対策」をシリーズ化。

今回はコチラの問題です。

ベヴァリッジ報告はどこの国(正解率52%)

1942(昭和17)年の【?】のベヴァリッジ報告は社会保障制度の主要手段として社会保険を位置づけ、欧米諸国の福祉国家の考えの基礎となった。


・A 英国
・B 独国
・C 仏国
・D 米国

2020年受験生の方向けのLIVEレクチャー。年金メモリーツリー。出題予想。ラスト1週間の過ごし方など。(無料・登録不要)。画像クリックでYou Tube動画に遷移します。

 

”正解はここをクリック”

正解は「A 英国(イギリス)」。

・世界初の社会保険→ドイツ
・ベヴァリッジ報告→イギリス

ベヴァリッジ報告は、「ゆりかごから墓場まで」と呼ばれる戦後イギリスの社会保障政策の基盤となる。
そして、ベヴァリッジ報告に影響を受けたのが、昭和25年「社会保障制度審議会勧告」。

勧告の内容は、①各種の社会保険、公的扶助、社会福祉、児童福祉等の諸制度の総合的な運用、②被用者関係の社会保険制度の統合、適用拡大、給付改善など。
同勧告は、日本の社会保障の青写真を提示し、いわゆる「国民皆保険」を提唱した。また、社会保障の中心を社会保険方式によることを主導した。


 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「経験者合格コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

この記事をシェアする!