この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

Twitterで選択対策」のバックナンバー版ブログで選択対策」。

今回のお題はこちらです。

労働時間とは(正解率87%)

「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」

労働時間とは、使用者の【?】に置かれている時間のことをいい、使用者の明示又は黙示の指示により労働者が業務に従事する時間は労働時間に当たる。

・A 拘束下
・B 指揮命令下
・C 施設管理下
・D 支配下

 

 

”正解はここをクリック”

正解は「B 指揮命令下」。

・指揮命令下にある~→労働時間
・支配下にある~→業務遂行性
・業務と事故の間には~→相当因果関係
 
概念の広さは、
事業主の支配下>使用者の指揮命令下
 
例えば、事業場内での休憩時間は、支配下にあるが、指揮命令下にはない。

例えば出張中の移動時間。
●労働時間
・原則→”
指揮命令下”になければ労働時間ではない(かといって不就労控除することも一般的にはない)
・移動中に具体的な労務提供(物品運搬)→労働時間
●業務遂行性 
・事業主の支配下”にあるため、移動中を含め業務遂行性あり

 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

過去の選択式問題の正解率別・項目別カテゴリーはこちら。

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「経験者合格コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

この記事をシェアする!