この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

Twitterで選択対策」のバックナンバー版ブログで選択対策」。

今回のお題はこちらです。

高齢者保健事業(正解率68%)

後期高齢者医療広域連合は、高齢者の心身の特性に応じ、健康教育、健康相談、健康診査及び保健指導並びに健康管理及び【?】に係る被保険者の自助努力についての支援その他の被保険者の健康の保持増進のために必要な事業を行うように努めなければならない。
 
A 資産形成
B 疾病の予防
C 日常生活上の自立

D 治療

 

社労士24LIVEアーカイブ。出題予想24、年金メモリーツリー、最後の1週間の過ごし方。

 

 

 

”正解はここをクリック”

正解は「B 疾病の予防」。

●保健事業(健保)・高齢者保健事業→健康管理及び疾病の予防に係る被保険者の自助努力についての支援
例)予防・健康づくりに取り組む加入者にヘルスケアポイント等を付与し、健康グッズ等と交換できるようにする

●地域支援事業(介保)→自立した日常生活の支援

 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

過去の選択式問題の正解率別・項目別カテゴリーはこちら。

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「経験者合格コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

この記事をシェアする!