この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

Twitterで選択対策」のバックナンバー版ブログで選択対策」。

今回のお題はこちらです。

地域包括ケアシステムの条文(正解率50%)

地域包括ケアシステムの条文。
 
「国及び地方公共団体は、被保険者が、可能な限り、住み慣れた地域でその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、(略)、【?】に関する施策との有機的な連携を図りつつ包括的に推進するよう努めなければならない。」

・A 医療及び居住
・B 公衆衛生
・C 職業安定
・D 生活保護


社労士24LIVEアーカイブ。出題予想24、年金メモリーツリー、最後の1週間の過ごし方。

 

 

 

”正解はここをクリック”

正解は「A 医療及び居住」。

地域包括ケアシステムは、介護・介護予防・生活支援、医療、住まいなどのサービスが、おおむね30分でかけつけられる圏域で提供される体制。
 
このうち”介護・介護予防・生活支援”は介護保険法で扱っているので、介護保険法の枠外から”連携”するのは”医療と住まい”。

 

 

 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

過去の選択式問題の正解率別・項目別カテゴリーはこちら。

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「経験者合格コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

この記事をシェアする!