この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

Twitterで選択対策」のバックナンバー版ブログで選択対策」。

今回のお題はこちらです。

葬祭料の支給額の事例(正解率35%)

給付基礎日額15,000円の労働者が死亡した場合に支給される葬祭料の額は?

・A 50,000円
・B 315,000円
・C 765,000円
・D 900,000円

 

社労士試験に合格するためのシンプルな学習スケジュールの立て方【勉強方法】

 

”正解はここをクリック”

正解は「900,000円」。

葬祭料は労働者の月給2か月分のイメージ。
【原則】315,000円+給付基礎日額30日分→事例では765,000円。
【最低保障】給付基礎日額60日分→事例では900,000円
結果、高い方”の900,000円が正解。

最後(315)を看取る(3と6)

315→(3)と(1+5=6)

ちなみにA5万円は埋葬料(健康保険)。


 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「経験者合格(旧上級)コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

この記事をシェアする!