皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

Twitterで選択対策」のバックナンバー版ブログで選択対策」。

今回のお題はこちらです。

その基準を定めるのはアナタ(正解率33%)

「労働政策審議会の議を経て厚生労働大臣が定める基準」

なんの基準?

・A遺族補償年金に係る生計維持の認定
・B事業主からの費用徴収の額
・C事業主からの民事損害賠償との調整
・D特別加入者に係る業務災害等の認定

 

社労士試験に合格するためのシンプルな学習スケジュールの立て方【勉強方法】

 

 

”正解はここをクリック”

正解は「C事業主からの民事損害賠償との調整」。

【労災で基準を定めるのは】
・原則→厚生労働省労働基準局長
・事業主からの民事損害賠償との調整→厚生労働大臣

厚生労働省労働基準局長は行政官(官僚)、厚生労働大臣は政治家。

事業主からの民事損害賠償と保険給付との調整規定を法制化するにあたっては、労働者側の反対意見が根強かった。
そこで、調整の基準が行政官によって恣意的に決められることがないように、法律に「厚生労働大臣が基準を定める」「その基準に当たりましては労働政策審議会(労働者側委員が含まれる)にかける」ことが盛り込まれた。

 

 

過去の選択式問題の正解率別・項目別カテゴリーはこちら。

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「経験者合格コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ