この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

Twitterで選択対策」のバックナンバー版として、「ブログで選択対策」をシリーズ化。

今回はコチラの問題です。

児童手当の所得制限(正解率62%)

児童手当は所得制限があり、所得制限限度額は扶養親族などの数に応じて設定される。
例えば夫婦と児童2人(扶養親族が3人)の場合、所得制限額は年収ベースで【?】万円である。
所得制限を超える場合は、当分の間、児童1人当たり月額5,000円の特例給付が支給される。

・500
・750 
・960
・1240

 

 

”正解はここをクリック”
正解は「960」万円。
ざっくり1000万円弱でOK。

児童手当は選択式で5年連続出題中。

かつ、共働き夫婦の世帯の所得判定を現行の「稼ぎが多い方」から「世帯合算」に切り替えることや、所得制限にかかった場合の特例給付の支給廃止も議論中で、その動向が注目されている。

また960万円という数字も、過去の選択式問題で空欄にはなっていないが、文中には登場済。
今年も要チェック。

 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「上級コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

この記事をシェアする!