この記事をシェアする!

皆さま、こんにちは。

直前対策を迎え、年金だ、白書だ、と色々しなければいけないことが増える中、「安全衛生法、正直手付かず、、」という方が少ないないと思います。

安衛法の攻略法とは

安全衛生法は、択一式で3問選択式で2空欄の出題があります。

選択式の出題傾向

「総論・包括規定」、「健康の保持増進措置」からの出題が多いです。
過去に択一式で出題された条文中の語句が空欄とされる傾向があります。

択一式の出題傾向

「安全衛生管理体制」、「健康の保持増進措置」の出題頻度が高くなっています。
内容は、「数字ひっかけ」や「あるなし問題」などの知識力勝負の問題が殆どです。

時間をかけずに、薄く×広く

配点が少ない科目ですので、得点が学習量にあまり比例しません
労働安全衛生法は「できるだけ時間をかけずに」勉強をすませ、得点が学習量に比例しやすい徴収法や年金科目に時間を回す、というのが攻略法になります。

仮に低得点であっても、択一式試験では、労働基準法の得点でカバーすることが可能です。
余力に応じて、学習範囲を出題頻度の高い分野(健康管理など)に絞り込むのも効率的な方法です。

一方で、選択式試験において5点中安衛分2点を捨てるのは、科目別基準点未達のリスクが高くなります。選択式試験対策としての幅広い学習は欠かせません。

すなわち「薄く、広く」ということです。

時間をかけずに安全衛生法を攻略するためのコンテンツ

そこでご紹介したいのが、”1時間レクチャーで3点ゲットを狙う。”【社労士24で安衛法 Web通信】です。

その1つのパートをご紹介します。

”「特定機械等」を3分で理解。この密度で1時間。”

”「危険物及び有害物」を3分で理解。この密度で1時間。”

web環境でご視聴をいただけます。
また、「安全衛生法」レクチャーテキストがついています。

こちらは、社労士24の労働安全衛生法のみの科目販売となります。
既に社労士24をご購入いただいている方は同内容となりますのでご注意下さい。

 

お申し込みはこちら

お申込みはこちらから。
最下部にある商品です。

社労士24で安衛法 Web通信

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「上級コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

 

 

この記事をシェアする!