この記事をシェアする!

皆様、こんにちは。

本試験前の最後の1週間を迎えると、「何に手をつければいいか分からない」というご相談を多くの方から頂きます。

1年間分の広大な学習範囲の復習をしようというのですから、「完璧でない」と感じるのも無理はありません。

しかし、この試験は「完璧でないと合格できない」という試験ではありません。

満点を取らなくても受かる試験、択一で約3割間違えても受かる試験ということを、改めて思い出して頂きたいのです。

完璧にはこだわらず、やることを絞っていきましょう

そのためのポイントをご紹介します。

最後の1週間の過ごし方を決める一助となれば幸いです。

①学習計画の時間割を作る

最後の1週間の時間割を作って、睡眠、仕事、家事の時間を入れ込んだら、それら以外の時間はすべて学習時間に充てましょう。

そして、「計画したことは必ずやる、計画していないことはやらない」と割り切ることが大切です。

②新しいことはやらない

最後の1週間で、新しいことに着手して定着させる時間的余裕はありません。

使い慣れた教材の復習に徹して、今憶えていることをより確実にするようにしましょう。

③復習が済んだ教材は封印する

復習が完了した教材は、ダンボールに詰めたり、表紙に「済」と書くなどして封印してしまい、本試験まで開かないようにしましょう。

「今日の復習でこの教材ともおさらばできる!」と思えば復習にも身が入り、復習後封印すると、「学習が進んでいる!」という達成感が本試験までのモチベーションを支えます。

④全科目満遍なく復習する

例えば老齢厚生年金ばかりやっていては、他の科目の復習がおぼつかないです。

この1週間で全科目学習できるように計画を立てましょう。

分かっている部分はさらっと、苦手な箇所は重点的にというメリハリが大事です。

最後の1日は、全科目復習できると最高です。

⑤難解な内容は、丸暗記or捨てる

難解な内容を理解して消化する時間はもうありません。

丸暗記するか、「自分の苦手はみんなの苦手」と割り切って捨てる勇気を持ちましょう。

⑥集中力を常にキープする

勉強時間を長く取れても、ダラダラしていると効果半減です。

1日の学習の必達目標を明確にする、50分おきに10分休憩を取る、飽きを防ぐため科目や教材をチェンジする、などして、勉強の質を維持しましょう。

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「上級コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

この記事をシェアする!