この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

twitterでできるだけ毎日(笑)配信中の「Twitterで選択対策」のバックナンバー版ブログで選択対策」をシリーズ化。

 

産業医から勧告を受けた事業者はここへ報告(正解率80%)

産業医の勧告がその趣旨も含めて事業者に十分に理解され、かつ、企業内で適切に共有されるようにしていくことが重要である。産業医から勧告を受けた事業者は、その内容を【?】に報告することとし、もって、産業医の勧告が実質的に尊重されるようしていくことが適当。

・衛生委員会
・総括安全衛生管理者
・都道府県労働局長
・労働者の過半数代表者 

 

 

 

 

”正解はここをクリック”

正解は「衛生委員会」。

事業者は、産業医から勧告を受けた場合は「尊重しなければならない」が、これが”右から左に受け流される”ことがあった。

そこで、近時改正により、勧告の旨を労働者側委員も含まれている衛生委員会に報告する義務を課すことで、組織で共有→実質的に尊重されるようにした。

 

詳しくはコチラ

 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

過去の選択式問題の正解率別・項目別カテゴリーはこちら。

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「経験者合格(旧・上級)コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

この記事をシェアする!