この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

Twitterで選択対策」のバックナンバー版ブログで選択対策」。

今回のお題はこちらです。

産業医から勧告を受けた事業者(正解率52%)

事業者は、産業医からの勧告を受けたときは、当該勧告を受けた後遅滞なく、当該勧告の内容及び当該勧告を踏まえて講じた措置又は講じようとする措置の内容を、措置を講じない場合にあっては、その旨及びその理由を【?】に報告しなければならない。

・衛生委員会
・衛生管理者
・総括安全衛生管理者
・都道府県労働局長 

 

 

 

 

”正解はここをクリック”

正解は「衛生委員会」。

産業医の勧告が企業内で適切に共有され、労働者の健康管理のために有効に機能するようにしていくことが重要。
このため、産業医から勧告を受けた事業者は、その内容を衛生委員会に報告することとする。

産業医「事業者さん、御社の健康管理の問題点について勧告します。まず・・・」
事業者「ハイハイわかりました」

委員会「産業医さんから何か聞かれてますか?」
事業者「うんにゃ。何も。」←NG

 

 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

過去の選択式問題の正解率別・項目別カテゴリーはこちら。

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「経験者合格(旧・上級)コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

この記事をシェアする!