この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

Twitterで選択対策」のバックナンバー版ブログで選択対策」。

今回のお題はこちらです。

女性の活躍に関する状況把握・課題分析(正解率74%)

女性活躍推進法に基づき、301人以上の企業は、自社の女性の活躍に関する状況把握・課題分析等を行わなければならない。

課題の分析にあたっては、まず基礎項目(必ず把握すべき項目)の状況把握、課題分析を行うことになっている。

基礎項目に該当しないものは?

・管理職に占める女性労働者の割合
・採用した労働者に占める女性労働者の割合
・男女の平均継続勤務年数の差異
・有給休暇取得率

 

 

 

 

”正解はここをクリック”

正解は「有給休暇取得率」。

女性の活躍に向けた課題の中でとりわけ多くの企業に該当する課題である、「女性の採用の少なさ」、「第一子出産前後の女性の継続就業の困難さ」、「男女を通じた長時間労働による仕事と家庭の両立の難しさ」、また、女性の活躍を図る重要な一指標である「管理職に占める女性比率の低さ」について、状況把握、課題分析を行う観点から、基礎項目(必ず把握すべき項目)として以下の項目が定められている。

【基礎項目】
①採用した労働者に占める女性労働者の割合
②男女の平均継続勤務年数の差異
③労働者の各月ごとの平均残業時間数等の労働時間の状況
④管理職に占める女性労働者の割合

有給休暇取得率は任意項目。

 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

過去の選択式問題の正解率別・項目別カテゴリーはこちら。

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「経験者合格コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

この記事をシェアする!