この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

twitterでできるだけ毎日(笑)配信中の「Twitterで選択対策」のバックナンバー版として、「ブログで選択対策」をシリーズ化することになりました。

是非Twitterのフォローお願いいたします!

本日のよりぬきツイートはコチラ。

よりぬきツイート
直前期、苦手箇所を克服する作業は必要。
ただし苦手箇所を減らすことはできても、「なくす」ことはできない。
これまでの合格者の方もそう。
苦手が「なくらないこと」で焦燥すると出力が弱まる。
「苦手箇所をなくす」ではなく「ここが出されたら自分の勝ち」という項目を「増やしていく」感覚が吉。

では早速ですが、今回はコチラの問題です。

生活療養標準負担額の居住費(正解率69%)

生活療養標準負担額(療養環境:1日 食事:1食)。
<原則> 療養環境:370円 食事:460円(管理栄養士いない→420円)
<指定難病患者(原則)> 療養環境:【?】円、食事260円
<境界層該当者> 療養環境:0円、食事100円
※食事1日限度→3食相当額

・0
・100
・200
・250 

 

 

 

 

”正解はここをクリック”
正解は「0」円。

「65歳以上×療養病床」の者は、介護保険施設の入所者と同様の費用負担として頂くという考え方で、1日370円。
ただし、指定難病患者や境界層該当者については1日ゼロ円。

人の食事をじろじろ(460・460)見んな(370)!目をつむれ(260・0)!100円上げるから!でおさえるか、おさえないか。

 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「上級コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

この記事をシェアする!