この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

Twitterで選択対策」のバックナンバー版ブログで選択対策」。

今回のお題はこちらです。

過労死防止大綱の重点業種(正解率53%)

過労死等の防止のための対策に関する大綱は、2015年に策定、2018年に変更された。
従来、自動車運転従事者、教職員、IT産業、外食産業、医療の5業種等が調査研究の重点業種等とされ、見直し後の新たな大綱においては、【?】及びメディア業界の2業種が新たに追加された。

・金融、保険業
・建設業
・製造業
・電気・ガス・熱供給・水道業

 

 

 

 

”正解はここをクリック”

正解は「建設業」。

重点業種等は過労死等が多く発生している又は長時間労働者が多いとの指摘がある職種・業種。
・自動車運転従事者
・教職員
・IT産業
・外食産業
・医療
・建設業
・メディア業

過労死防止大綱の数値目標自体は、押さえる必要はなく、試験対象になる最新数値を押さえておく。

過労死防止大綱

 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

過去の選択式問題の正解率別・項目別カテゴリーはこちら。

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「経験者合格コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

この記事をシェアする!