この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

Twitterで選択対策」のバックナンバー版ブログで選択対策」。

今回のお題はこちらです。

国の責務(正解率30%)

高齢者医療確保法第3条。
「国は、国民の高齢期における(中略)、第一条に規定する目的の達成に資するため、医療、【?】、社会福祉その他の関連施策を積極的に推進しなければならない。」
 
A 介護予防
B 公的扶助
C 公衆衛生
D 社会保険
 
 

 

 

 

 

”正解はここをクリック”

正解は「C 公衆衛生」。

社会保障制度の4本柱

①「社会保険」:医療保険や年金 
②「社会福祉」:高齢者や障害者への福祉サービス
③「公的扶助」:生活保護
④「公衆衛生」:健康診断や感染症対策

高齢者医療確保法に関連するのは②と④。

介護予防は、介護保険法。

公的扶助は、生活保護法。

 

 

選択対策では、目的条文も大事だが、そのすぐ下にある基本理念とか〇〇の責務といった規定も要注意。

その他の国、地方公共団体、国民の責務マトメ。

 

 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

過去の選択式問題の正解率別・項目別カテゴリーはこちら。

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「経験者合格コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

この記事をシェアする!