この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

twitterでできるだけ毎日(笑)配信中の「Twitterで選択対策」のバックナンバー版ブログで選択対策」をシリーズ化。

今回はこちらの問題です。

フレックスタイム制の見直し(正解率84%)

働き方改革の一環としてフレックスタイム制の【?】にする見直しが行われた。

・清算期間の上限を3か月
・清算期間の上限を6か月
・変形期間の上限を3か月
・変形期間の上限を6か月 

 

 

 

 

”正解はここをクリック”

正解は「清算期間の上限を3か月」。

「清算期間」を最長3か月に延長し、より柔軟な働き方を可能とするのが狙い。

例えば、「6・7・8月の3か月」の中で労働時間の調整が可能となるため、子育て中の親が8月の労働時間を短くすることで、夏休み中の子どもと過ごす時間を確保しやすくなる、と厚生労働省は説明。

しかし、長時間労働のリスクと背中合わせということで、清算期間が1か月を超える場合の「協定の届出義務化」と「月の労働時間の上限の設定」と抱き合わせている。くわえて、有効期間の設定も必要。

フレックスタイム制の詳しい情報はこちら

 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

過去の選択式問題の正解率別・項目別カテゴリーはこちら。

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「経験者合格(旧・上級)コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

この記事をシェアする!