この記事をシェアする!

みなさん、こんにちは。

今回は、生計維持と生計同一の見分け方をまとめてみます。

大きく3つに分類できます。

依存度が「低→高」順に、「生計同一」「生計維持」「主として生計維持」です。

このように結論が3つに分かれるものを押さえるときは、

「数が少ない方の2つだけ押さえておいて、押さえていないのは全部3つ目」という整理の仕方が楽です。

数が少ないのは「主として生計維持」「生計同一」です。

この2つを押さえて、残りは「生計維持」という押さえ方をしておきましょう。

詳しくは次の動画で。

 

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「経験者合格コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

この記事をシェアする!