この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

Twitterで選択対策」のバックナンバー版ブログで選択対策」。

今回のお題はこちらです。

平成30年度障害者雇用実態調査(正解率65%)

平成30年度障害者雇用実態調査によると、雇用している障害者への配慮事項としては、身体障害者については、「通院・服薬管理等雇用管理上の配慮」が最も多くなっており、知的障害者、精神障害者及び発達障害者については、「【?】」が最も多い。

・研修・職業訓練等能力開発機会の提供
・短時間勤務等勤務時間の配慮
・駐車場、住宅の確保等通勤への配慮
・テレワークの活用

 

 

 

 

”正解はここをクリック”

正解は「短時間勤務等勤務時間の配慮」。

疲労の蓄積が溜まりやすいという特性があり、フルタイム勤務では短期間で離職につながる場合がある。そこで、例えば1日4時間の短時間勤務にすることで疲労の蓄積が避けるといった配慮を行うことが多い。

データー上も、精神障害者の職場定着率をみると、短時間勤務の方が高い。

なお、障害者雇用実態調査調査は、民営事業所における障害者の雇用の実態を把握し、今後の障害者の雇用施策の検討や立案に役立てることを目的に、5年ごとに実施。

関連問題

平成30年度障害者雇用実態調査

 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

過去の選択式問題の正解率別・項目別カテゴリーはこちら。

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「経験者合格コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

この記事をシェアする!