この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

今回も、資格の大原ビジネス資格講座情報誌「WAVE」のバックナンバーから、「やる気が出ないときに読みたい」巻頭言をご紹介します。

学習の合間に一息入れているときにお読みいただければ幸いです。

仕事をしていると合格できない?

仕事と勉強を両立する。これは本当に大変なことです。残業続きで勉強している暇がないという現実も確かに存在します。

それでも、試験合格者のうち、会社員や自営業、団体職員、公務員の方など仕事をお持ちの方の割合が75%以上というデータは、仕事と勉強の両立は決してハンデとはならないということを物語っています。

仕事をしながら合格された方の体験談を聴いても、仕事をしていることをむしろ前向きにとらえて学習効果の向上に結びつけているようです

その一例をご紹介しましょう。

限られた時間と分かっているからこそ、1分も無駄にせず集中して学習することができた

勉強は、質が大事です。ダラダラ勉強は勉強していないのと同じです。
なまじ時間的余裕があると、集中力を高めようという意識が薄くなり、ダラダラ勉強に陥るおそれがあります。

仕事の合間の限られた貴重な時間という制約のおかげで、今しかない!」という締切り効果が働き、集中力を高めることができたという一例です。

 

仕事を勉強の気分転換、勉強を仕事の気分転換として、新鮮な気持ちで取り組めた。

人間、一つのことに没頭していると、その行為がマンネリ化し、嫌気が生じてくることがあります。
この合格者の方は、仕事と勉強をそれぞれの気分転換の行為と位置づけ、マンネリ化を防ぐことができたのでしょう。

 

普段仕事で意識している習慣を、学習上でも応用することができた。

よい仕事の仕方のポイントは、「期限内に、計画的に、無駄を省いて、優先順位・費用対効果を考えて、ことを進める」点にあります。
試験勉強も同じです。

試験までに達成可能な学習計画を組めているか、出題可能性に基づく優先順位を考慮しているか等々、仕事の習慣を応用できる局面は、いくつもあります。

以上、合格者の方の声です。

まとめ

仕事をハンデと考えると、どうしても両立が辛くなり、両者のモチベーション低下の原因となります。

仕事をしていることにアドバンテージを見つけ、勉強へのプラス効果に転化させることが、両立のためのコツといえるでしょう。

 

↓ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

この記事をシェアする!