この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

Twitterで選択対策」のバックナンバー版ブログで選択対策」。

今回のお題はこちらです。

すべての事業者に課される規定(正解率70%)

常時使用する労働者の数にかかわらず「すべての事業者」に課されるのは?

・A一般定期健康診断結果報告書の提出
・B衛生管理者の選任
・C受動喫煙防止対策の努力義務
・Dストレスチェックの実施 

 

 

社労士試験に合格するためのシンプルな学習スケジュールの立て方【勉強方法】

 

 

 

”正解はここをクリック”

正解は「C受動喫煙防止対策の努力義務 」。

・一般定期健康診断結果報告書の提出→50人以上
・衛生管理者の選任→50人以上
・受動喫煙防止対策の努力義務→すべて
・ストレスチェックの実施→50人以上

なお、長時間労働者に対する面接指導も当初は「50人以上」であったが、その後「すべて」に拡大。

 

過去の選択式問題の正解率別・項目別カテゴリーはこちら。

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「経験者合格コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

この記事をシェアする!