この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

Twitterで選択対策」のバックナンバー版ブログで選択対策」。

今回のお題はこちらです。

有効求人倍率の過去最高は?(正解率28%)

「一般職業紹介状況」より。

厚生労働省は、令和元年平均の有効求人倍率を公表。
年平均の有効求人倍率は1.60倍となり、前年より0.01ポイント低下。低下は10年ぶり。
なお、過去最高は【?】の1.76倍。

・A 昭和48年
・B 昭和56年
・C 平成11年
・D 平成21年

 

 

 

 

”正解はここをクリック”

正解は「A 昭和48年」。

・令和元年平均の有効求人倍率は1.60倍。前年より0.01ポイント低下。低下は10年ぶり
・米中貿易摩擦→製造業の生産活動が減速→求人減
・過去最高→昭和48年(オイルショック直前)の1.76倍
・過去最低→平成21年(リーマンショック後)の0.47倍

昭和48年は高度成長期の”最後”の年。人手不足もピークを迎える。
また昭和48年は福祉元年と呼ばれる社会保障拡充の年でもある。

翌年のオイルショックにより、高度成長の時代は幕を下ろす。

 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

過去の選択式問題の正解率別・項目別カテゴリーはこちら。

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「経験者合格(旧・上級)コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

この記事をシェアする!