この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

twitterでできるだけ毎日(笑)配信中の「Twitterで選択対策」のバックナンバー版として、「ブログで選択対策」をシリーズ化することになりました。

是非Twitterのフォローお願いいたします!

本日のよりぬきツイートはコチラ。

よりぬきツイート
#社労士試験ミニ知識
択一式のページ数は、昨年は58頁。
過去10年の平均は58頁。
最少は55頁、最多は64頁。

問題冊子の表紙に頁数の記載があるので、冊子の配布から試験開始までの間に確認できる。
例えば、60ページを超えているようなら「テンポよく行かないと時間が足りなくなる」といった心構えが試験前にできる。

では早速ですが、今回はコチラの問題です。

マクロ経済スライドの事例問題(正解率60%)

近未来の20XX年。
・名目手取り賃金変動率が+0.7%
・物価変動率が+0.5%
・調整率が-0.3%
・前年度までの未調整分の累計が-0.3%

上記の場合、70歳の老齢基礎年金の受給権者の年金額は、前年と比べてどうなる?

・+0.2%
・+0.1%
・据え置き
・-0.1%

 

 

 

 

”正解はここをクリック”
正解は「据え置き」。
・68歳以上のため、物価変動率+0.5%が基準
・その年のマクロ経済スライド調整により-0.3%(計+0.2%)
・前年度までの未調整分の調整により-0.3%(計-0.1%)
・前年度の額を割り込んでいるので、前年度の額をキープ
結果「据え置き」が正解。

 

 

そもそも「マクロ経済スライドって?」という解説動画はこちら。

 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「上級コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

この記事をシェアする!