この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

twitterでできるだけ毎日(笑)配信中の「Twitterで選択対策」のバックナンバー版として、「ブログで選択対策」をシリーズ化することになりました。

是非Twitterのフォローお願いいたします!

本日のよりぬきツイートはコチラ。

よりぬきツイート
年金の昭和60年改正の議論。
「基礎年金制度になったので”基礎年金法”に名前を変えようか」
「いやいや、ここまで国民年金を育ててきた皆さんの苦労を思えば、名前を変えるのは忍びねえよ」
「じゃあ、このままで」

では早速ですが、今回はコチラの問題です。

介護離職者の人数は?(正解率48%)

平成29年就業構造基本調査によると、過去1年間(平成28年10月~29年9月)に「介護・看護のため」に前職を離職した者についてみると,【?】。
平成24年と比べると,過去1年間に「介護・看護のため」に前職を離職した者はほぼ横ばい。

・4万6千人
・9万9千人
・15万3千人
・24万8千人 

 

 

 

 

”正解はここをクリック”
正解は「9万9千人」。
就業構造基本調査は総務省が5年に1回行う基幹統計調査。
29年版の公表は7月のため、それ自体は試験対象にならない可能性が高い。
ただし、介護離職者の概数は報道でもよく上がる数字であるため要注意。
年10万人前後。
介護給付費10兆円と「10×10」で抑える。

 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「上級コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

この記事をシェアする!