この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

twitterでできるだけ毎日(笑)配信中の「Twitterで選択対策」のバックナンバー版として、「ブログで選択対策」をシリーズ化することになりました。

是非Twitterのフォローお願いいたします!

本日のよりぬきツイートはこちら。

よりぬきツイート
年金の昭和60年改正の議論。
「国庫負担は、全加入者分まとめて国民年金に入れればよくね?」
「いや、悲しいけどそうすると省の予算シーリング超えちゃうのよね。」
「じゃあ、各制度が納付する基礎年金拠出金ごとに入れるか」

では早速ですが、今回はコチラの問題です。

公的年金受給者数は?(正解率43%)

平成28年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況によると、公的年金受給者数(延人数)は、平成28年度末現在で約7,000万人。
重複のない公的年金の実受給権者数は、平成28年度末現在で約【?】人。

・5,000万
・4,000万
・3,000万
・2,000万

 

 

 

”正解はここをクリック”
正解は約「4,000万」人。

次の推計で導き出すことも可能。
・高齢化率27%=4人に1人が65歳以上
・総人口1億2千万人のうち3,000万人強が老後の年金を受給。
・特別支給の老齢厚生年金や障害、遺族の年金を含めて、ざっくり4,000万人。

年金給付費総額50兆円とあわせて確認をしておきましょう。

 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「上級コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

この記事をシェアする!