この記事をシェアする!

社会保険労務士受験生の皆さん、こんにちは。

社会保険労務士試験に合格するための段階は2ステップあります。

まず、「択一式の合格基準点を得点する力を身につける」ことです。
択一式の実力を合格レベルまでもっていけば、自然と選択式の対応力も上がっていきます。
ただし、択一式の勉強ではカバーできない選択式の独自の論点があります。
具体的には目的条文、択一式未出題の条文、労働統計などです。

そこで、次のステップとして、「択一式の勉強ではカバーできない選択式対策の勉強をする」ことが必要です。

目的条文や択一式未出題の条文は資格の大原「選択式トレーニング問題集」で対応することができます。
全問題数は約500問で結構な量です。「ちょっと消化不良になるかも、、、」という方向けに、ABCランク分けをしています。
このうち、目的条文や択一式未出題の条文などの「択一の勉強ではカバーできない問題」はAランクとしていますので、「Aランクだけ勉強する」といった方法も可能です。

また、労働統計対策は、このブログの選択対策コンテンツ、毎回の講義分の労働統計予想問題を収載した経験者合格コース専用教材「上級演習サブノート」、直前期の「労働経済・厚生労働白書まとめ」といった講座で学習することができます。

しかし、それでも、本試験の選択式試験では、初見の問題が出題され、その場での対応力が求められることが少なくありません。

そこで、今回は、「選択式で初見の問題が出題された」場合の対応を5つのポイントにまとめました。

本試験で初見の問題が出題された場合に備えて、今から、問題集や、定例試験で選択式問題を解く際に、この5つのポイントを意識して問いてみましょう。

①「未知の論点が必ず出題される!」と覚悟を決めておく

第1に、精神面です。

試験もスポーツも精神的に萎えている状態では、勝負に負けます。
初見の問題が出題されたからといって、精神的ショックを引きずっていては、他の問題の処理にも悪影響が出ます。

したがって、本試験では、初見の問題が出されても頭が白くならないように、「初見の問題が出題されないよう」に願うのではなく、「必ず初見の問題が出題される。他の受験生にとっても初見だ。それを得点できれば合格できる」と覚悟を決めておくことが必要です。

②簡単な問題を迅速に処理して、難問に取り組む時間を確保する

第2に、初見の問題を処理する十分な時間を確保することです。

実は、選択式試験の試験時間は、択一式試験以上にタイトです。

択一式試験は210分ありますので、時間配分の調整がしやすいですが、これに対し、選択式は80分しかありません

イメージ的には、択一式試験はマラソン、選択式試験は100メートル走です。

簡単な問題も初見の問題も1問10分でのんびり解いていると、初見の問題の対応に十分な時間を割くことはできません。

また、選択式試験は、簡単な問題と難解な問題の格差が大きい試験です。

このことから、選択式試験では、試験開始当初から集中力を最大化し、簡単な問題はできるだけ短時間で処理し、初見の問題に取り組む時間を確保するようにしましょう。

③まずは問題文を一読し、テーマ・結論を把握する

第3に、初見の問題への具体的対応方法です。

未知の問題に遭遇したら、まず、問題文を一読し、概要・テーマを把握するようにしましょう。

そして、「この問題のテーマはテキストのあのページに書いてあった内容の話しだ」と判断できれば、テキストの内容を思い出しながら、解答を考えることができます。

④4つの選択肢に絞り込み、相対評価で最適な肢を選び出す

その上で、文脈から空欄に対応する選択肢を4個に絞るグルーピングをします。

このグルーピングに成功すれば、確率的には最低1点はとれます。
1つの空欄に対する正解の確率が25%で、これが5空欄あるからです。

この正解肢候補の4個を相対比較し、かつ、問題文のテーマと照らし合わせた上で、最も適当と考えられる選択肢を選びましょう。

この際の注意点としては、初見の問題だからといって安易に「自分の知らない語句」を選ばないことです。
問われ方が初見であるだけで、語句そのものは既知であることも多いからです。

⑤埋まりやすい空欄から埋めていく

A~Eの順にこだわらないということです。

問題文の空欄Aが難しそうだという場合は、一旦飛ばして、埋めやすそうな空欄から埋めていきましょう。

その埋めた空欄に対応する選択肢のグループが消え、残っている選択肢が減っていくと解答を特定しやすくなります

以上の対応方法を実践すれば、初見の問題であっても、3点以上得点できる確率を高めることができます。
また仮に2点になっても最低基準点の補正に期待をつなげることができます。

以上、選択式の初見問題で基準点確保するための5つのポイントでした。

今後、より具体的な方法についてご紹介していきたいと思います。

資格の大原の選択式問題集 好評発売中

全巻総計500問超を掲載

豊富な問題量で、細かい論点もしっかり網羅して練習できます。
タイプ別の問題で選択式をマスターできます。

2016年本試験「空欄」的中はなんと33/40。過去問も全掲載

的中実績抜群のオリジナル問題も多数掲載しています。
平成12年以降の過去本試験問題、合格基準点を全収載。本試験独特の表現にも自然と慣れることができます。

法改正にもしっかり対応

最新の法改正箇所が一目でわかる「法改正」アイコン付きです。
※本版の受験年度内における法改正等により掲載内容に変更が生じた場合は、
当サイトのトピックスにて随時お知らせいたします。

便利なA5サイズ、暗記に使える赤シート付き

持ち運びに便利なA5サイズで、いつでもどこでも学習できます。
暗記に使える赤シート付きなので、重要キーワードをもれなく覚えられます。

ワンランク上の学習を!「文中ヒント問題」を掲載

知識だけでは解けない「文中ヒント問題」を収載しています。
文脈から解答を導き出すトレーニングでライバルに差をつけましょう。
ちょっと難しい問題もこれでバッチリおさえられます。

出題傾向や解法テクニックがわかる!購入特典「選択式攻略ゼミ」

約30分の無料Web講義です。過去問・オリジナル予想問題を元に、
資格の大原専任講師が出題傾向や解法テクニックをご紹介します。

ご購入はコチラから

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「上級コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

この記事をシェアする!