この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

twitterでできるだけ毎日(笑)配信中の「Twitterで選択対策」のバックナンバー版として、「ブログで選択対策」をシリーズ化することになりました。

過去の問題の正解率別カテゴリーはこちら。

正解率0〜25%

正解率26〜50%

正解率51〜75%

正解率76〜100%

是非Twitterのフォローお願いいたします!

本日のよりぬきツイートはコチラ。

よりぬきツイート
【選択式「国名」出題】
H12→初の年金通算協定相手国「ドイツ」
H25→24年3月発効の協定相手国「ブラジル」
H28→世界初の社会保険「ドイツ」
H29→外国人労働者国籍別2位「ベトナム」
次は ・広く欧米諸国の福祉国家の考えの基礎となったベヴァリッジ報告(英国) か?

あるいは、 協定相手国「ルクセンブルク」(平成29年8月発効)。
なお、試験対象確定日より後ですが、平成30年8月には「フィリピン」との協定も発効。

 

では早速ですが、今回はコチラの問題です。

契約社員は何万人?(正解率43%)

平成29年「労働力調査(詳細集計・速報)」により、非正規の職員・従業員を雇用形態別にみると、パート・アルバイトが1414万人と11万人の増加、契約社員が【?】万人と4万人の増加などとなった。

・291
・134
・120
・78 

 

 

 

 

”正解はここをクリック”
正解は「291」万人。
・パート→1414万人
・契約社員→291万人
・派遣社員→134万人
非正規雇用のうちパートが7割を締めています。


(補足)
・雇用障害者→49万人
・外国人労働者→128万人
外国人労働者は派遣社員と同程度になっており、急増していることが伺えます。

 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「上級コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

この記事をシェアする!