この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

twitterでできるだけ毎日(笑)配信中の「Twitterで選択対策」のバックナンバー版として、「ブログで選択対策」をシリーズ化することになりました。

是非Twitterのフォローお願いいたします!

 

iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数(正解率31%)

iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者は、平成29年1月の加入者範囲の拡大を契機に急増し、拡大前の平成28年12月末時点で約30万人だった加入者数は、平成30年7月末時点で約【?】万人となっている。

・45
・63
・98
・132 

 

 

 

 

”正解はここをクリック”
正解は「98」万人。

iDeCo(個人型確定拠出年金)については、加入者範囲の拡大や広報活動も奏功して、拡大前の約3倍に至りました。

100万人突破も間もなくということを受けて、100万人突破記念ロゴを作成。

また、今年5月からは中小事業主掛金納付制度(「iDeCo+」(イデコプラス))もスタート。さらなら普及を目指しています。
「iDeCo+」とは、企業年金を実施していない中小企業(従業員数100人以下)において、iDeCoに加入している従業員の加入者掛金に対して、事業主が掛金を上乗せ(追加)して拠出することができる制度です。
「逆マッチング」ともいわれます。

なおその他の企業年金制度の加入状況はこちら(H30.7時点)

・確定給付企業年金→約901万人
・企業型確定拠出年金→約680万人
・個人型確定拠出年金→約98万人

 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

過去の選択式問題の正解率別・項目別カテゴリーはこちら。

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「上級コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

この記事をシェアする!