この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

Twitterで選択対策」のバックナンバー版ブログで選択対策」。

今回のお題はこちらです。

職場で受動喫煙がある労働者の割合(正解率33%)

平成30年「労働安全衛生調査(実態調査)」によると、職場で受動喫煙がある労働者の割合は、「ほとんど毎日ある」、「ときどきある」を合わせて【?】%となっている

・14.3
・28.9
・38.3
・47.6

 

 

 

 

”正解はここをクリック”

正解は「28.9」%。

はじめて3割切る。

2020年4月の改正健康増進法の全面施行を見据え、前倒しで対策を講じる企業が増えている。

とはいっても、職場の受動喫煙防止について問題があるとする事業所の割合→ 37.4%

・問題の内容の最多→「顧客に喫煙をやめさせるのが困難」

顧客の喫煙率が比較的高い外食産業を中心に「禁煙化による集客減」の懸念が根強い。

調査でも「顧客」を課題とする回答が多い。

労働安全衛生調査

 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

過去の選択式問題の正解率別・項目別カテゴリーはこちら。

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「経験者合格コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

この記事をシェアする!