この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

twitterでできるだけ毎日(笑)配信中の「Twitterで選択対策」のバックナンバー版ブログで選択対策」をシリーズ化。

今回はこちらの問題です。

新規学卒就職者の就職後3年以内の離職率(正解率73%)

厚生労働省は、平成28年3月に卒業した新規学卒就職者の就職後3年以内の離職状況について取りまとめた。
今回の取りまとめにより、新規高卒就職者、新規大卒就職者がそれぞれ、【?】、就職後3年以内に離職していることが分かった。
なお、新規中卒就職者は約6割。

・約4割、約1割
・約4割、約3割
・約6割、約3割
・約6割、約5割

 

 

 

”正解はここをクリック”

正解は「約4割、約3割」。

中卒、高卒、大卒の並びで約「6割、4割、3割」。
「753」現象という言い方はもうできない。

並びを「大卒、高卒、中卒」にして「3割、4割、6割」→「三四郎」現象の方がいいかも知れない。

・大卒→32.0%
・高卒→39.2%
・中卒→62.4%

【その他】
・離職率が高い産業→宿泊業・飲食サービス業
・規模が小さいほど早期離職しやすい。

就職後3年以内離職率に影響を及ぼす要因の一つとして卒業時の就職環境があり、これを反映して新規学卒者就職率が低い(就職環境が厳しかった)年は、離職率が高くなる傾向がある。

・就職環境が厳しかった→不本意な就職先→離職しやすい。

厚生労働省サイト

 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

過去の選択式問題の正解率別・項目別カテゴリーはこちら。

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「経験者合格(旧・上級)コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

この記事をシェアする!