この記事をシェアする!

みなさん、こんにちは。

本日、2019年(令和元年)の行政書士試験の合格発表がありました。

合格率は11.5%

試験団体から発表された関連情報は次のとおりです。

・合格者数4,571 人
・合格率11.5%
・最年長合格者79 歳(男性)1 名
・最年少合格者15 歳(男性)1 名

行政書士試験合格者は、社労士の受験資格を得ます。

社労士の受験資格

15歳合格者の方も社労士受験可能です。

過去、社労士17歳合格の方がいらっしゃるが、おそらく行政書士試験合格ルートと思われます。

なお、社労士最高齢合格の方は84歳の方です(スゴい)

社労士最高齢合格者の勉強方法

行政書士の次は・・

「行政書士の次を狙う」という方も多いです。

司法試験、司法書士、簿記、FP、宅建・・

その中で聞くことが多い資格の一つに社会保険労務士(社労士)があります。

2月から社労士をはじめて間に合うのか?

行政書士合格のあと、社労士を目指される方は多いです。

そのとき悩むのが始めどきです。

「行政書士試験、合格したぞ!」
「次は社労士!・・だけど2月から間に合うかな・・」

社労士試験は、8月下旬に実施されます。

残り6ヶ月。

むしろ、勉強癖がついている&合格の勢いにのっている”今”が最高のはじめどきです。

その具体的な学習方法やスケジュールはこちらから。

【社労士試験】2月〜3月から始めて6か月(半年)で一発合格するための勉強方法

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「経験者合格コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

この記事をシェアする!