この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

Twitterで選択対策」のバックナンバー版ブログで選択対策」。

今回のお題はこちらです。

フリーターであったことの評価 (正解率35%)

平成30年若年者雇用実態調査。
正社員を採用する予定があった事業所について、フリーターが正社員の求人に応募してきた場合、フリーターであったこと評価をフリーターの年齢別にみると、15~34歳では「評価にほとんど影響しない」事業所が全体の約【?】割を占めている。
※フリーターとは家業(自営・農業等)、通学または家事のいずれも行っていない15~44歳の者で、かつ事業所への応募前の1年間に、就職はしていたが、勤め先における呼称がアルバイト又はパートである者をいう。

・A 3
・B 5
・C 7
・D 9

 

 

 

 

”正解はここをクリック”

正解は「C 7」。

フリーターの年齢層別(15~34歳)
・「プラスに評価する」3.1%
・「マイナスに評価する」13.5%
・「評価にほとんど影響しない」68.1%

「プラスに評価する」よりも「マイナスに評価する」事業所割合のほうが高いものの、「評価にほとんど影響しない」事業所が全体の約7割を占めている。

平成30年若年者雇用実態調査

 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

過去の選択式問題の正解率別・項目別カテゴリーはこちら。

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「経験者合格コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

この記事をシェアする!