この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

資格の大原 社会保険労務士試験対策講座の金沢です。

Twitterで選択対策」のバックナンバー版ブログで選択対策」。

今回のお題はこちらです。

経団連「就活ルール」の廃止(正解率61%)

・経団連「就活ルール」の廃止を発表。20年卒が最後の適用。
・「就活ルール」の日程は、3月1日に企業説明会、6月1日に選考が解禁。正式な内定日は【?】以降。
・21年卒からは政府が主導でルールを定める。

・9月1日
・10月1日
・11月1日
・12月1日

 

 

 

 

”正解はここをクリック”

正解は「10月1日」。

就活ルールのルーツは「就職協定」。
1950年代、政府、早期採用を目論む企業と、学業が疎かになることを懸念する学校の間で申し合わせた紳士協定として始まった。
しかし、就職協定を破った「青田買い」が青田買いが横行、形骸化し、廃止に至る。
翌年、現・経団連が協定に代わるガイドラインとして定めたのが「倫理憲章(就活ルール)」。
これも罰則を伴わない自主的なルールに過ぎず、また、通年採用や、就活ルールに縛られない外資系企業やITベンチャーも増えてきたことから、形骸化が進み、20年卒を最後に廃止することが決定。

 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

過去の選択式問題の正解率別・項目別カテゴリーはこちら。

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「経験者合格コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

この記事をシェアする!