この記事をシェアする!

皆様こんにちは。

今回はこちらの問題です。

”ライオンキング”の子ライオン役(正解率60%)

14歳、ミュージカル”ライオンキング”の子ライオン役。
誤っているのは?

①就労には監督署長の許可が必要
②36協定に基づく時間外労働は禁止される
③監督署長の職権で労働契約を解除できる
④労働は午後8時まで

 

 

 

 

”正解はここをクリック”

④労働は午後8時まで」が誤り→「午後9時まで」が正しい。

①就労させるためには監督署長の許可が必要→15歳年度末ゆえ
②36協定に基づく時間外労働は禁止される→年少者ゆえ
③監督署長の職権で労働契約を解除できる →未成年ゆえ

夜講演の「ライオンキング」の子ライオン役ができるだけ終盤まで出演できるように、「午後9時まで」の出演が可能。
演劇子役(9)だけに、9。ライオンキング(9)だけに9。
ただし終幕は9:30頃のため、子役がカーテンコールに立ち会えるよう、さらなる延長を要望中の模様。

そもそも子役タレントが労働者なのか否かの判断基準。

「芸能タレントの労働者性」光GENJI通達

 

 

メルマガでもお役に立つ「選択式対策」「法改正情報」「統計情報」「学習方法」などのコンテンツを無料配信しています。
ぜひご登録ください。メールアドレス以外の個人情報は不要です。

 

 

過去の選択式問題の正解率別・項目別カテゴリーはこちら。

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「経験者合格(旧・上級)コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

 

この記事をシェアする!