この記事をシェアする!

皆さん、こんにちは。

金沢博憲(社労士24)です。

今回のテーマは、社労士試験に合格するためのシンプルな学習スケジュールの立て方です。

社労士24や大原受講生の方はもちろん、他スクールの方や独学で学習されている方もぜひ参考にしてください。

学習スケジュールで一番大事なこと

講師歴23年で、多くの合格者の方の勉強方法や学習スケジュールのヒアリングをして参りましたが、本当に人それぞれです。

合格者の数だけ勉強方法があり、学習スケジュールがあります。

ただ、そんな中でも”共通点”というものがあり、それを一般化したものが今回の動画です。

シンプルな形でのご紹介ですので、あとはご自身の環境に応じてアレンジしていただき、ご自身だけの学習スケジュール・学習計画を立てる参考になれば幸いです。

さて、結論から申し上げると学習スケジュールの肝は「○○」です。

↓続きは動画↓

 

シンプルな学習スケジュール表

さて、動画をご覧の上、学習スケジュールを組む際に参考になればと思い、シンプルな学習スケジュール表を用意しました。

長期的なスケジュール管理にお役立てください。
 
PDF版とエクセル版を置いておきます。

よろしければお使いください。

・学習スケジュール表(PDF

・学習スケジュール表(エクセル

基本的な使い方としては

・予定用と実際用に2枚打ち出す

・予定用には予定を記入

・実際用には実際の進捗を記入

・比べて必要に応じてリスケジュール

・突発的な用事で勉強できない期間が生じることを念頭に、マージンをもたせる。

・期限第1で、その範囲内でクオリティを高める工夫をする。

学習スケジュールと学習計画の違い

スケジュールと計画の違い。

これは諸説あると思いますが、自分は、

  • スケジュール→いつまでやるか
  • 計画→何を、どのように、どれくらいやるか

という認識です。

スケジュールが決まったら、期限内に収まるように、学習計画を考えましょう。

例えば、

  • スケジュール→雇用保険を12/25までに一巡
  • 計画→講義を聴いてテキスト確認→択一問題を解く→論点をテキストに転記×3回転

という具合です。

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「経験者合格コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

この記事をシェアする!