この記事をシェアする!

皆さんこんにちは。

金沢博憲(社労士24)です。

2020年社労士試験に合格された皆様からの合格体験記をご紹介します。

引き続き合格体験記の募集をいたしております。

アンケート概要やフォームはこちら

私の合格”反省”記「挫折の連続」

今回は夫はたこすけ様から頂いたコメントです。

夫はたこすけ様、誠にありがとうございます。

 

お礼方々、以下お送りさせていただきます。

合格反省記

【属性】

40代女性
本試験約1ヶ月に正社員の職を辞め、9月中旬から試験勉強を活かした職務にて非常勤の職員。

【利用のコンテンツ】

速修コース+社労士24

【学習計画の立て方】

速修コースの学習計画表から遅れないように付いていくのみ

【勉強時間の作り方】

朝勉→前日残業で遅かったり、疲れがたまっていると挫折
通勤中は社労士24→気が乗らないと挫折
昼休みも社労士24→聴きながらほとんど寝てしまい挫折
でも挫折する前までの積み重ねで勉強が蓄積できていたのかもしれません。

【1日平均の勉強時間とトータルの勉強時間】

平日は 0~2時間、休日は 4~7,8時間くらいでしょうか。

【回転数】

速修コース講義は1回転
社労士24は2~4,5回転
択一式問題集は3~4,5回転
選択式問題集は、問題を解くという観点で言えば0~1,2回転

【一番苦労したことと解決した方法】

苦労しなかったことなんて何もありません。
勉強することでしか解決はできなかったと思います。

メンタルの面では夫にグチグチ言うことで自分の心を少し軽くしていたのかもしれませんが、根本的な解決ではなく(夫も迷惑)、自らが勉強して解決するしかないと思っています。

【勉強内容】

・5月まで(直前期の前)

2019年夏 当時給与計算の仕事で「給与計算やるなら社会保険について知っていたほうがいいよね~」と思い、社会保険の入門についての本を読む。

2019年秋 「社会保険勉強するなら社労士試験の勉強をしてみようかな~。高額な受講料は挫折した時に金額的なロスが大きいよね~」と思い、市販のテキストを購入し読み始める。

2019年冬~2020年始 夫が職場や義実家に、私が社労士試験を目指しているといっていることが判明し、もう逃げられないという思いから意を決して2020年1月大原に入校。タイミング的に、速修合格コース(社労士24を追加)。

通学できず、ほぼWEB受講となりましたが、とにかく速修コースの学習計画表のスケジュールから遅れないようにしました。

速修コースでは講義を聞き、該当の択一式と選択式の問題集を解き、最後にテキストを一読することが求められていましたが、とても手が回りませんでした。
速修コースの講義自体に付いていけず、講義後は社労士24を聞いてフォローし、該当の択一式の問題集を解いて、たまにテキストを参照するのみでほぼ終わっていました。

社労士24がなかったらどうなっていたか…。
常に余裕はなく、もっと早く入校するべきだったと心から思いました。

・5月~7月(直前期)

コース講義のスケジュール通りです。

問題演習をコースで行う前に、該当の科目について社労士24を聴くことを主体に行っていました。時間があればテキストを読んだり問題を解いたりしました。

問題演習を行った後は、一通り復習しました。問題演習を行う前よりも復習重視でした。

7月初旬の模試前に、ほとんど選択式の問題集を解いていないという焦りから、ちらっと選択式の問題集に手をつけ始めましたが、模試の結果のコメントは「総合力が足らないので択一式の学習に比重を置け」というものでした。コメントを受けて、一旦選択式は捨て、択一式問題集を優先して解くこととしました。

選択式については、問題集を解く余裕はほとんどなく、完成文を読みました(できる時は声に出して)

・8月(最直前期)

声に出して、テキスト読み、条文読みに比重を置き始めたのはこの頃だったと思います。

「他社の模試も受けたほうがいいよ」と言われていたこともあり、市販の予想問題集を購入し解いてみましたが、これは失敗でした。もう積み上げる時間的余裕がないというのに、点数が悪く、不安を煽られました。

直前に新たなものに手を出すべきではなかったです。

【2021年受験生の方へのメッセージ】

試験勉強をする上で、何が目的か見失わないことが一番だと思います。

高度な知識が欲しい、高得点合格したいのであれば、細かい論点まで突き詰めるのもいいかもしれませんが、とにかくまず合格したいのであれば、健康保険組合連合会の調整保険料算定の語呂合わせと同様、「基本がだいじ、れんしゅうする」だと今は思っています。

私は本試験においては全く手応えがなく、帰りの電車の中では夫に愚痴と八つ当たりのLINEをした後、寝ているふりをして目を閉じて泣いていました。

それでも合格できたのは、テキストを読んだり問題集を解くことで、感覚的なものが身についていたのだと思います。

本番では大原の模試に出た問題を間違えてしまいました。市販の予想問題集に手を出すくらいなら、もっと確実な復習をするべきでした。

【その他ご感想など】

労働社会保険諸法令についてほとんど経験も知識もなかったにも関わらず、初学一発合格できました!

社労士試験の勉強について反省ばかりの中で、今年の年明けに近隣では一番早く説明会をしていた大原をたまたま選び、社労士24をつけたことは成功でした!!

ありがとうございました!!!!!

 

金沢 博憲金沢 博憲

夫はたこすけ様。合格”反省”記をありがとうございます。配偶者様の存在がメンタル面の大きな支えになっていたことが伺えます。たこはたこでも”多幸”といったところでしょうか。

 

他の合格体験記はこちら

他の合格体験記はこちらです。

 

↓ランキングに参加しています。↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

この記事をシェアする!