この記事をシェアする!

皆さん、こんにちは。

2019年(令和元年)第51回「社会保険労務士試験」の解答・解説です。
※2018年版も掲載・

手早く論点確認をして頂けるように、問題・解答を併記しています。

問題文の「ここをみれば正誤判断ができる」という部分にマーカーを引いています。

正しい対応関係にはこの色のマーカー誤っている対応関係にはこの色のマーカーをつけています。

合格に向けて「過去問を解く」という行為も、「ここが正しいから◯」「ここが間違っているから×」という論点の確認作業です。

そこの意識ができるのであれば、時間がないときや、そうそう間違えない問題などは「問題と解答を一緒」にみてもOKです。時短にもなりますしね。

逆に、論点の確認作業の意識を持たないで、解答を隠して問題を解いても、身に付くものはありません。

問題文のキーワードに2色のマーカーを引く」。

私の受験生時代、過去問集で使っていた手法。

過去問はinputと割り切って、時短回転を優先するため。
マーカー部分だけ確認して、飾り部分は読まない方法。
対応関係と引っ掛けパターンを手早くマスターできる。

これまではあまり推奨せず。

マーカーだらけになる恐れ」
「一度マーカーを引くと、その後、サラの状態では解けなくなる
「サラで解かないと頭に入る気がしない

というデメリットがあるため。

しかし、今は「消せる蛍光ペン」がある。

ご自身に合うか合わないか、部分的に試してみるのも一考。

もちろん、初めて解くときは論点が分からないと思うので、ある程度回転させてから、試すのがオススメ。

 

 

 

 

執筆/資格の大原 社会保険労務士講座

金沢 博憲金沢 博憲

時間の達人シリーズ社労士24」「経験者合格(旧上級)コース」を担当致しております。
是非Twitterのフォローお願いいたします!

↓ランキングに参加しています。↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

この記事をシェアする!